畳替えの流れ ~発注から納入まで~

このページでは、畳替えの流れをご紹介します。
発注から納入までの流れがカンタンに判ります。

1. 連絡

  1. 電話・メールをします。
    坂出本店・空港通り店・綾上支店/羽床工場
  2. ショールームに訪問します。(坂出本店/空港通り店)

電話・メールの場合、打ち合わせ日時を決めます。
ショールームに訪問頂いた場合は、仕様決定・見積り・採寸日(新畳時)・施工日を当日決めれます。

2. 打ち合わせ 畳の採寸

表替え・裏返しの場合 新畳の場合
[ 電話・メール ]
  1. 打ち合わせ日時にお客様宅で既設の畳を確認します。(畳の隙間・へこみ等をチェックします)
  2. 複数の畳表・畳縁のサンプルを見ながら仕様を決め、見積りします。
  3. 見積りで価格が決定しましたら施工日時を決めます。
[ ショールーム ]
ショールームに訪問頂時に仕様・価格・施工日が決定している場合はこの項目はスキップします。
(畳の隙間・へこみ等は施工日に確認します)
[ 電話・メール ]
  1. お客様宅で既設の畳を確認します。
  2. 畳床・畳表・畳縁のサンプルを見ながら仕様を決め、見積りします。
  3. 見積りで価格が決定しましたら採寸させて頂きます。
  4. 敷き込み日時を決めます。
[ ショールーム ]
ショールームに訪問頂いて仕様・価格が決定している場合は採寸のみ行います。

3. 畳の引取り

表替え・裏返しの場合 新畳の場合
打ち合わせ時に決めた日時に訪問します。
再度、畳の隙間や凹みをチェックして修正箇所に印をします。
タンスや家具等を移動させながら畳をあげていきます。
もちろん、家具の移動は無料です。
不要になった畳の引取りは、新畳敷込み時に行ないます。

4. 作業

表替え・裏返しの場合 新畳の場合
預かりました畳を工場に持ち帰り、畳替え作業をします。
職人が畳の隙間や凹みを調整しながら、畳表と縁をコンピュータロボット機械にて交換していきます。
採寸したデータをコンピュータロボット機械に入力し仕様通りの材料を使い製作します。

5. 畳の納入

表替え・裏返しの場合 新畳の場合
引取り日の夕方には、敷きこみできます。
畳を敷いた後、家具を元の位置に戻し、畳の高さの微調整を行ないます。
お手入れ方法等を紹介します。
まず、不要になった既設の畳を引き上げます。
座板を清掃後、畳を敷き込みます。
表替え時と同様に、家具を元の位置に戻し、畳の高さの 微調整を行ないます。
お手入れ方法等を紹介します。

畳の納入後

気になる点や疑問点があればご連絡下さい。現場にて確認し、ご説明や対処をいたします。
また、不具合が発生した場合はお直し致します。